スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業中心の就活1のまとめ 4/28/2010 (Wed.)

これまで半年におよぶ米国にある企業への就職を目指した活動は、今回は残念ながら失敗に終わった。

現在の芳しくない景気、就労ビザがないこと(この点でFビザのようにJビザにもOPTがあれば少しは状況が違うのかもしれない)も関係あるのかもしれない。また、いま考えてみればある意味当たり前なのだが、日系企業の研究所が日本人の現地採用に消極的だったのも(就労ビザをサポートしてまで採用しようとは思っていない)影響があると思われる。いずれにしろ、実力不足。

今回の就職活動を一旦休止にする理由は、いまの仕事の契約更新に際して担当教員から条件として提示されたから。

とはいえ、一年の契約終了時までには他の仕事で働き始められないといけないので、何かしらの形で就職活動は続けることになる。

ただ、これまでとは異なりこれから一年は大学の教員を目指して就職活動しようかと思っている。
そもそも大学の方がウケが良い可能性があるうえに(根拠はあまりないがこれまでのずっと大学で研究をしてきたわけだし)、もしかしたら大学の方が就労ビザ等の問題に鈍感かもしれないとか思ったりした。

企業への就職に関して何を改善したら良いのかは、就労ビザの件も含め、これから少し時間を掛けて体得していけたらと思う。ただ、リンクをはらして頂いている"アメリカ留学+"のこのページにもあるように、日本の大学を卒業してから渡米して、米国にある企業に直接就職というのが容易でないことだけは確かだと思う。博士号の有無にかかわらず。

思い返せば、長いようで期間的には短い今回の就活だった。

昨年11月に履歴書を書き始めてからこれまで、日々の時間の多くを就職活動に費やしてきた。
常にネットで募集をチェックし、オンラインで応募。はじめは大手から応募し、途中から中小企業への応募も始めた。

合計応募件数は100をゆうに超え(このうち企業以外は数件のみ)、知人や知人の知人、最後には母校の在米卒業生団体やLinkedIn等の自分が使えるネットワークを可能な限り利用して連絡を試み、仕事がないか探したが採用には至らなかった。

下記がこれまでの経過のに簡単なまとめ。

2010年4月中旬 企業中心の応募一旦休止
2010年3月下旬 研究計画書請求1件(国研常勤スタッフ)
2010年3月中旬 現地面接1件(中小企業)
2010年2月中旬 応募100件超え
2010年2月初旬 電話面接1件(国研ポスドク)
2010年1月中旬 3回の大幅修正を経て履歴書(企業用)完成
2009年11月末 本格的に応募開始
2009年11月初旬 本格的に履歴書(企業用)の準備を始める

[結果]

採用: 0件
現地面接: 1件(中小企業)
電話面接: 1件(国研ポスドク)
研究計画書請求: 1件(国研常勤スタッフ)
応募: >100件
スポンサーサイト

就職活動一旦休止 4/19/2010 (Mon.)

企業に4件応募。全て同じ大手科学系評価装置メーカーv社。
場所はミネソタ、ニューヨーク、ニュージャージー。

本日の応募で、あえなく企業中心の就職活動一旦休止。

理由はこのままだといまのビザが切れて帰国せざるを得なくなるため。
ということで、まずは今後もアメリカに滞在できるように現在の指導教員との契約更新に関する交渉に専念することに。

就労ビザ無しで企業就職は無し? 4/12/2010 (Mon.)

母校の在米卒業生団体を通して4/6/2010に紹介してもらった就職斡旋業者と電話。

日本企業の日本ベースの仕事を執拗に勧められる。
日本での面接をアレンジするからと。

アメリカでの仕事を探している旨を伝えると、いまは就労ビザなしでは非常に難しいとの答え。
データベースに履歴書をアップしておくからと言われて終わり。

就労ビザ無しで企業就職は無し?

大学不採用2件&学歴の壁 4/10/2010 (Sat.)

2月末に応募した米国O大学日本のT大学は不採用だった模様。

米国大学は選考プロセスとして採用候補者5人程度が現地面接/プレゼンテーションに招待されるのだが、招待された人たちのプレゼンテーション日時が既にO大学のホームページで告知されていた。ちなみにプレゼン日時は4月中旬。招待された候補者4人のうち2人がカリフォルニアの某有名B大学。当たり前といえば当たり前だが大学の名前も大きいということか。

日本のT大学に関しては2月末が応募締め切りだったのに対して、採用者が4月1日には既に着任していた模様。選考プロセス早過ぎ。ちなみに採用者はその研究室のポスドク。
業績に関しても申し分なかったので、そうなるのではないかと予想していたが...。

学歴/コネ社会といえば、米国で就職活動するにあたり直面する学歴の壁の一例。
カリフォルニアにある太陽電池の会社で急成長中のn社。
担当教員に勧められて何回か応募してみたが、一度も返事がこなかった。
募集要項に“トップスクール”の卒業生しか採用しませんと書いてあるのだが、さすがに自社ホームページでは“トップスクール”が指す大学名までは明記してない。ところが、最近見つけたのが下記。n社が一般の仕事掲載ページに出していた募集で、インターン、ポスドクは以下の大学の在校生、卒業生しか採用しませんと具体的な大学名を明記していた。

- U.S.A.: Stanford University, Massachusetts Institute of Technology, UC Berkeley, Princeton
- China: Tsing Hua University, Peking University, Jiao Tong University, Zhejiang University
- India: Indian Institute of Technology
- Russia: Moscow State University, Moscow Institute of Physics and Technology
- Germany: Studienstiftung Stipendiat

どれも各国の本当のトップスクールのみ。
かなり強気。

しかも日本の大学はなし。

とはいっても、学歴/コネに関してはこれまでの経験から存在することは知っていたし、いまさら何ということもないのだが、それでも目の前に突きつけられると改善のしようがないことに多少凹む。

引き続き、あらゆる方面から可能な限り自分を売り出していくことには変わりなし。

紹介で履歴書送付2件&国研に応募2件 4/6/2010 (Tues.)

就職関連のネットワークを広げようと思い、母校の在米卒業生団体に連絡してみたところ、すぐに何件か具体的かつ有用な情報を頂く。外国の地でこのような手を差し伸べて頂けるというのはこの上なくありがたく、また心強い。

具体的な企業を当たってくれると言って下さった方にはすぐに履歴書を送付。
また別の方に紹介して頂いたS大の教授には、今後目指しているキャリアの説明と履歴書を送付。このS大の教授は技術系の分野で企業、大学に非常に広いコネクションをお持ちとのこと。
知人にこのような方がいないのはもちろん、このような方が存在することすら知らなかった。
非常にありがたい。

加えて、相性が良さそうな国研のポジションに応募。
ポスドク2件。

[応募]

件数: 2
研究機関:国立研究所LB
ポジション名:Postdoctoral Fellow (ポスドク)
勤務地:Bay area, California
応募日:4/6/2010
プロフィール

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。