スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついにグリーンカード認可!! 11/18/2010 (Thurs.)

USCISのグリーンカード申請状況サイトによると、I-140&485が妻の分とともに認可されたとのこと(NIW EB2カテゴリー)。I-140&485を同時申請したのだが同時認可された模様。

グリーンカードが届かないと実感がいまいち湧かないが、公的には本日付けで米国永住権が取得できたことになる。
やったー!!

一時労働許可証一時渡航証が届いてからあまりにもすぐのグリーンカード認可だったので拍子抜けしてしまったところもあるが、これまでの道のりを考えれば決して楽なものではなかった。申請プロセス全体の流れに関しては、実際にグリーンカードが届いてからまとめて報告したいと思う。

とりあえず自分おめでとう。
そしてお世話になった方々、本当にありがとうございました。

書類がUSCISに届いてから二ヶ月三週間(審査プロセスが開始してから二ヶ月)。
スポンサーサイト

米国の簡易裁判をプチ体験 11/15/2010 (Mon.)

先月切られた駐車違反の切符に関して、簡易裁判で無罪を主張できるというので、予約をとって興味本位で行ってみた(当日に参加していた実験装置操作のトレーニングが延長されたために、駐車メーターが切れてしまったことを証明できる証拠があった)。

結果、大きな間違い。

簡易裁判というのでどの程度のものかと思ったら、テレビでみるようなきちんとした裁判室。
裁判員が一人、テレビでみるような正装をして上段に座っていて、記録者かつ秘書のような人が脇に一人。

しかも大勢の人が自分の番を待っている。
簡単なボディチェック後、受付番号をもらって裁判室内へ。

入ったときに審議されていたのは、若い男性がマリファナと飲酒運転の罪に問われている件。
きちんと弁護士を雇って争っていた。
その件は、今後の生活態度改善を約束して軽い刑で済んだ様子(刑務所は免れたみたい)。

次の件は、メキシコ人の中年男性が知人の車を運転していて警察に捕まって、警察に自分の車だと主張した罪?
別の部屋に通訳がいるようで、マイクを通して通訳を介して裁判がおこなわれていた。

ここまでで裁判室に入ってから既に30分以上経過。
待っている人の人数からするとまだまだ自分の番は来ない。

しかも、自分の件が審議されるとCourt feeが$33掛かる様子。
自分の罰金は$40。

待つのが馬鹿らしくなったので、裁判室を退出し、罰金を払って裁判所を後にする。

教訓: $40程度の駐車違反切符は素直に罰金を払うに限る

グリーンカード申請中の渡航に関して(Jビザ実状編) 11/14/2010 (Sun.)

前日の投稿で、一時渡航証があってもJビザ保持者はグリーンカード申請中に海外渡航ができないと書いた(I-140、I-485を同時申請した場合)。

下記が自分の弁護士によるその理由。

グリーンカード申請中に一時渡航証で海外渡航すると、米国に再入国できたときにParoleeとなりその時点で保持していたJビザは失効する(自国に帰ることが前提というJビザの性質により)。Paroleeの身分で、もしI-140が承認されなかったときには(I-485が自動的に否認されてしまうため)米国に滞在する権利を失ってしまうから。

I-140とI-485を別々に申請すれば(I-140が承認されてからI-485を申請)、この事態は免れる気がするが、別々に申請した場合にはグリーンカード承認までに時間がかかってしまうために時間的に余裕がない人(保有ビザの残り期間が限られている等)にはキツイ話。

つまり、有効期限が短い(一年等)Jビザ保持者がグリーンカードを申請した場合、実際のところはグリーンカードが承認されるまで海外渡航できないということになる(Hビザ保持者はこの限りではない)。

一時渡航証があれば、グリーンカード申請中に渡航できると思ってたのに!
(以前、自分の弁護士に聞いたときは一時渡航証があれば、海外渡航できると言っていた。その前なんぞは、現在の保有ビザで海外渡航できるとまで言っていた。海外渡航の件に関して、自分の弁護士の説明はいつも非常にいい加減。分かっていないというよりは、申請の背中を押す意味で故意に海外渡航できると繰り返した?)

一時渡航証が届いた 11/13/2011 (Sat.)

一時労働許可証(Employment Authorization)同様、I-485申請にともなって申請した一時渡航証が手元に届いた。

グリーンカード申請以来、受領書(9/20)とバイオメトリクスの日程通知(10/7)以外、全く音沙汰なかったのに一時労働許可証が届いた翌日に一時渡航証まで届いて少し驚いた。

一時渡航証(Advance Parole)はLetter sizeの黄色い封筒に入って送られてきた(他のUSCISからの書類は通常いわゆる普通の封筒サイズ)。紙一枚の書類で、名前、生年月日、住所、顔写真と海外渡航から米国に戻ってくる際の情報が書いてある。有効期限は一年間。一枚で何回でも使えるが、同じものが二枚入っている。一枚は予備か。

これで、書類上は海外渡航しても米国に戻って来れることになる
(Jビザ保持者がグリーンカード申請中に海外渡航するためには原則一時渡航証が必要)。
ただこの"書類上"というのが非常に曲者で、実際のところは一時渡航証があっても
Jビザではグリーンカード申請中は海外渡航ができない(I-140、I-485同時申請の場合)。
どういうことなのかについては後日投稿する。

書類がUSCISに届いてから二ヶ月三週間(審査プロセスが開始してから二ヶ月)。

USCISに書類が届いた日: 8/23/2010
書類が正式に受領された日(審査が開始した日): 9/14/2010
一時渡航証の有効期限:11/5/2010-11/4/2011 (一時労働許可証と同じ開始日)

労働許可証が届いた 11/12/2010 (Fri.)

一時労働許可証(Employment Authorization Card)が自分と妻の分ともに郵便で手元に届いた。白い背景に鷲のマーク(米国Department of Homeland Securityのもの)、顔写真(I-485申請に提出したもの)、そして自分の署名(I-485申請に提出したもの)が入っている。

有効期限は二年間。
有効期限は一般的に一年間か二年間と聞いているが、自分の場合はたまたま二年間だった。
なぜだかは不明。

今回、一時労働許可証が届いたことで、ビザと関係なく米国で働けることに
(JビザやHビザでは原則指定された機関や企業でしか労働許可がない。
変更する方法はあるみたいだが。詳しくは富田弁護士のサイト参照)。

ただ自分の場合はいまの大学との契約期間がまだ残っているので、当面は使う必要はなさそう。
今後、米国内で違うところの職を探すときに使えるのかも
(企業はビザサポートをせずに雇えるので、プラスに働くか)。
あとは妻が米国で働ける(バイトも含めて)というのは精神的に大きいかもしれない。

書類がUSCISに届いてから二ヶ月三週間(審査プロセスが開始してから二ヶ月)。

USCISに書類が届いた日: 8/23/2010
書類が正式に受領された日(審査が開始した日): 9/14/2010
労働許可証の有効期限:11/5/2010-11/4/2012 (発行プロセスが開始された日から有効)
プロフィール

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。