FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指導教員と一年振りのミーティング 7/21/2010 (Wed.)

何を隠そう、自分の指導教員は研究休暇でこの一年間不在だった。
渡米後ちょうど一年経ったときからつい最近まで。
昨季、就職活動に専念できたのにはそういう事情もある。

研究休暇に行くことは、自分がポスドクとして渡米する前から決まっていたことらしいが、理由はなんであれ渡米前には教えてもらえなかった(自分に気を遣ってということになっていたらしい)。渡米後、数カ月経ってからオフィスに呼ばれ伝えられた。

研究休暇で行く大学(ヨーロッパ)に一緒に行くか聞かれたが、米国に残りたいと伝えると、それならば米国で雇い続けてくれるとのこと。研究休暇で行く大学で常勤の職をオファーされていることもあり、米国に戻ってくるかは一種の賭けだったが、先日、帰国した。

一年振りに直接会っての真面目なミーティング。
やっぱり良い。指導教員無しで研究を続けるのは辛いものがあった。

そのミーティングでの一節。
同学科に同じ分野の研究をしている研究グループがあるのだが、そのグループの話がでたときの例えがなんだか妙におかしかった。自分たちのグループは、Major League Baseball、彼らのグループはLittle League Baseball。リーグ自体が違うんだから共同研究はあり得ないと言いたかったようなのだが、そのときの言い方、間、雰囲気が非常にマッチしていておもしろく感じ、おもわず二ヤけてしまった。

いわゆるアメリカンジョークというものなのだろうか。
何の変哲もない言い回しがときどきつぼに入ってしまう自分がいる。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Green card holder

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。