FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンカードのI-140とI-485の申請順序 9/17/2010 (Fri.)

米国に滞在しながらのグリーンカード申請では、先にI-140(国益免除)を申請して、それが認可された後に、I-485(身分変更)を申請する方法と、I-140とI-485を同時に申請する方法の二通りがある。

自分は、時間が限られていたため後者。
詳しくは富田弁護士のブログを参照頂きたいが、前者は、時間がかかるというデメリットがあるが、I-140が不認可となった際にI-485の申請費用(一人$1,010)が無駄にならないという利点がある。対して後者の同時申請は、I-140が不認可となった際にI-485の申請費用が無駄になるというリスクがあるが、実際のグリーンカード取得までの期間が短いという利点がある。

時間に余裕があって、確実性を重視するのであれば前者、時間が限られていたり、ある程度の勝算(I-140で問題とされる研究業績的に)がある場合には後者で申請するのが良いと思われる。

雇った弁護士によれば、前者の別々で申請した場合でも一年弱でグリーンカード取得可能とのこと(2010年9月現在)。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Green card holder

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。