スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年度初の大学教員職に応募(カリフォルニア) 11/1/2010 (Mon.)

カリフォルニアにある大学の教員職に応募書類を提出。
公募はカリフォルニアにある大学のホームページをいくつか見ていて、たまたま見つけた。
pdfファイルにまとめた応募書類を指定メールアドレスに送付。
書類選考を通った人は二月中に連絡がくるらしい。

応募はもちろん本気だが、今年の戦略は数を絞って(4校の予定)。採用されたら嬉しいレベル(がんばったら採用されるかもしれない程度)の大学のみ、地域は西部限定(気候と日本からの距離を考えた場合の希望勤務地)、そして初めから推薦書を提出するのではなく、推薦者の連絡先を明記するもののみ(今年は教授の手をできるだけ煩わせないように)。来年応募する際にはそんなえり好みはできないと思うが。

応募した大学の場所、募集研究分野ともにドンピシャ。レベルも適度。
ただ、限られた時間では研究計画が練れ切れなかった感も。
学科の教育方針、各教授の研究内容をホームページで調べて、教育計画、研究計画に反映。

[応募]

1.
大学: 私立
ポジション名: Assistant Professor
学部名: Mechanical Engineering (Materials Science)
勤務地: Nothern California
締切日: 12/31/2010 (11/1/2010から選考開始)
応募日: 11/1/2010


話は変わって、日本では冬といえばこたつとみかん。
米国ではというと、基本的にはこたつもみかんもない。

が!

思いがけず今年はTJでSatsuma mandarinsなるものを見つけた。去年まではなかった。
もしかしたら日本のみかんが食べられたりするんじゃないかという淡い期待から早速購入。見た目が日本のみかんっぽいのを買って、これまで何度も裏切られてきたのでダメ元で。値段はそれほど高くなくふつーのオレンジくらい。

P1070077.jpg
見た目はこんな感じ。

食べてみて感動。
まさに日本のみかん。
ありがとう、TJ。

P1070083.jpg
大変おいしくいただきました。
これで今年は日本の冬が少し味わえそうです。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Green card holder

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。