FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働許可証が届いた 11/12/2010 (Fri.)

一時労働許可証(Employment Authorization Card)が自分と妻の分ともに郵便で手元に届いた。白い背景に鷲のマーク(米国Department of Homeland Securityのもの)、顔写真(I-485申請に提出したもの)、そして自分の署名(I-485申請に提出したもの)が入っている。

有効期限は二年間。
有効期限は一般的に一年間か二年間と聞いているが、自分の場合はたまたま二年間だった。
なぜだかは不明。

今回、一時労働許可証が届いたことで、ビザと関係なく米国で働けることに
(JビザやHビザでは原則指定された機関や企業でしか労働許可がない。
変更する方法はあるみたいだが。詳しくは富田弁護士のサイト参照)。

ただ自分の場合はいまの大学との契約期間がまだ残っているので、当面は使う必要はなさそう。
今後、米国内で違うところの職を探すときに使えるのかも
(企業はビザサポートをせずに雇えるので、プラスに働くか)。
あとは妻が米国で働ける(バイトも含めて)というのは精神的に大きいかもしれない。

書類がUSCISに届いてから二ヶ月三週間(審査プロセスが開始してから二ヶ月)。

USCISに書類が届いた日: 8/23/2010
書類が正式に受領された日(審査が開始した日): 9/14/2010
労働許可証の有効期限:11/5/2010-11/4/2012 (発行プロセスが開始された日から有効)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Green card holder

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。