FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンカード申請中の渡航に関して(Jビザ実状編) 11/14/2010 (Sun.)

前日の投稿で、一時渡航証があってもJビザ保持者はグリーンカード申請中に海外渡航ができないと書いた(I-140、I-485を同時申請した場合)。

下記が自分の弁護士によるその理由。

グリーンカード申請中に一時渡航証で海外渡航すると、米国に再入国できたときにParoleeとなりその時点で保持していたJビザは失効する(自国に帰ることが前提というJビザの性質により)。Paroleeの身分で、もしI-140が承認されなかったときには(I-485が自動的に否認されてしまうため)米国に滞在する権利を失ってしまうから。

I-140とI-485を別々に申請すれば(I-140が承認されてからI-485を申請)、この事態は免れる気がするが、別々に申請した場合にはグリーンカード承認までに時間がかかってしまうために時間的に余裕がない人(保有ビザの残り期間が限られている等)にはキツイ話。

つまり、有効期限が短い(一年等)Jビザ保持者がグリーンカードを申請した場合、実際のところはグリーンカードが承認されるまで海外渡航できないということになる(Hビザ保持者はこの限りではない)。

一時渡航証があれば、グリーンカード申請中に渡航できると思ってたのに!
(以前、自分の弁護士に聞いたときは一時渡航証があれば、海外渡航できると言っていた。その前なんぞは、現在の保有ビザで海外渡航できるとまで言っていた。海外渡航の件に関して、自分の弁護士の説明はいつも非常にいい加減。分かっていないというよりは、申請の背中を押す意味で故意に海外渡航できると繰り返した?)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Green card holder

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。