スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またカリフォルニアの大学の教員に応募 1/15/2011 (Sat.)

国研での実験をしつつも、夜は米国の大学教員応募の書類準備。
今年受ける大学はこの時期に締め切りが集中している。

ひーこらひーこら研究計画の作成。
(時間的な制限もあって)力を出し切れなかった今年度初の大学応募の経験が活きたのか、現時点での力は出し切れた。
応募書類をオンラインで提出。

今年度初の大学応募に引き続き、またカリフォルニアの大学。
今回のは比較的新しい州立大学。
レベルとしても今年受ける大学の中では比較的低い方。
つまり、応募する中では採用の可能性が高い方。

さてどうなることやら。

[応募]

1.
大学: 州立
ポジション名: Assistant Professor
学部名: Materials Science and Engineering
勤務地: Nothern California
締切日: 1/15/2011
応募日: 1/15/2011
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。