スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学中心の就活1のまとめ 5/10/2011 (Tues.)

来年の本格的な就職に向けた、これまで約一年におよぶ米国大学への就職を目指した予備活動は終了した。結果としては、今年応募した4校のどこからも連絡すらこなかった。

とはいえ、年間を通してはいくつか収穫があった。
まずは日本の奨学金に採用されたこと。
常勤職への就職ではないが、これで二年間は米国で生活ができる。
あとは日本の国研の常勤職へお誘いして頂けたこと。
最後に米国大学教員就職への壁はやはり高いことが認識できたこと(日本ももちろん高い)。

米国大学教員応募に関しては、ほぼ予定通り4校に応募できた。
1校は、サンクスギビングや国際会議の時期と重なったり、また研究計画を書こうとしたらやっぱり少し募集研究分野と違ってうまく練れなかったりで応募を見合わせた。大学教員応募は競争率が高いだけに、募集研究分野との一致性がかなり高いことが必要とされる。募集研究分野バッチリの人たちが多々応募してくるので、分野が違う時点で一番初めの選考スクリーニングを生き残れないためだ。

今年は行けたらいいなレベルの大学を、その中でもレベルを振って応募してみたが、結果、どこにも全く引っ掛からず。来年の本格的応募では、かなりレベルを落とした大学も応募していく必要がありそう。

米国大学教員は、主に以下の4ステップの選考過程を経て採用となる。
1.推薦書の請求(20-30人?)->2.電話面接(10-15人)->3.現地面接(3-5人)->4.採用(1人)

今年の応募では、1.にさえ引っ掛からなかった。つまり、どの大学においても応募集団の上位30位にすら入っていないということ。現地面接に行く上位1位、2位は通常いくつかの大学からオファーがくるので、他の大学に行く可能性があり、上位3位くらいに入っていれば実際に採用される可能性があるということか。先は長く険しい。

下記が今年度の経過の簡単なまとめ。

2011年5月上旬 大学中心の応募一旦休止
2011年1月下旬 予定していた4校全てに応募
2010年11月初旬 1校目に応募
2010年8月中旬 日本の奨学金に採用
2010年5月上旬 日本の奨学金に応募

[結果]

採用: 0件
現地面接: 0件
電話面接: 0件
推薦書請求: 0件
応募: 4件
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

Green card holder

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。