FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国研の研究者に履歴書送付 3/4/2010 (Thurs.)

昨日、所属大学で開催された学内シンポジウムで発表した。
そのシンポジウムで招待講演をおこなったのが、同じ研究分野の国立研究所Bの研究者。

その人はいまの研究分野では有名で、去年ボストンで開催されたMRS 2009 Fall meetingでの発表も聞いて、翌日に履歴書を送った。そのときは返事すらもらえなかったけど、今回は学内シンポジウムということもあって同じ研究分野の人間が自分しかいなかったので一緒にランチすることができた。

一時間程度、研究関連の話をざっくばらんに。これはすごくラッキーなこと。
面識のない有名な研究者に一時間もの時間を割いてもらえるというのは、こういう機会を除いてはあり得ないこと。例えば先程述べたMRSという会議では、その人の講演後には何人もが質問に列を作り、それらの質問に答えたら別の講演を聴きに行くか、共同研究者に会いに行くかで忙しそうだった。面識のない自分なんて話に行っても軽くあしらわれるだけなのは目に見えている。

さらにラッキーだったのが、話の流れでその人がいまポスドクを募集しているのが分かったこと。
自分がいま仕事を探していることを伝えると履歴書を送るようにと言ってもらえたので、本日送付。

ポジティブな反応が返ってきますように!

[応募]

1.
研究機関:国立研究所B
ポジション名:Postdoctoral Fellow (ポスドク)
勤務地:Long Island, New York
応募日:3/4/2010
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

Green card holder

Author:Green card holder
2008年春
日本で博士号を取得。東海岸にある大学のポスドク(博士研究員)として渡米。Jビザ。雇用形態:単年契約(研究成果と研究費の残高によって契約更新可)

2009年秋
二年目の契約が切れる前に、米国にある企業の研究職を目指した就職活動を開始するが採用までこぎつけられず。

2010年
ポスドク三年目突入。就職の際の保有ビザの重要性を痛感しグリーンカード(永住権)取得。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。